松本市で注文住宅を建てる人に向けた知っておくことについて

注文住宅

注文住宅と建売の違い

青い家

一戸建てを購入する時に建売やデザイン住宅、注文住宅といった言葉を耳にすると思います。これらの違いとはどのようなものなのでしょうか。
建売というのはその名の通り既に家が完成されていて、部屋の間取りやデザインは売り出されているそのままの状態だということです。一方で注文住宅というのは土地から自分で探し始め、間取りはもちろん建物の資材や躯体から全てを施主が決めることになります。
住宅の値段はもちろん建売の方が安くなってきます。
建売というのは決められた土地に既に住宅が建っているので、そもそも安価な土地を探して住宅を安く売れるようにしています。あるまとまった一角に同じような屋根や同じような建物が並んでいるのを見たことがありませんか?まさにそれらが建売の住宅で、建売の場合はある区画にまとめて複数の住宅を同時に建設することが多いので、重機の移動や大工さんの移動が安易になっていて、作業時間を大幅に短縮することができます。
お客側の意見を聞くことなく淡々と任された仕事をこなすので、作業がスムーズになるということがわかります。このことによって人件費や移動にかかるコスト、さらには施工期間を短縮削減することができるので、建売住宅は安価で販売することができるのです。

綺麗な家

注文住宅を比べる

注文住宅にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。注文住宅と比べるとすると建売住宅があります。建売住宅は何軒かをまとめて建てたりすることが多いので、建てるための材料を一括で仕入れ…

MORE
大きい家

注文住宅で失敗しないために

注文住宅で失敗しないためには、まずメーカー選びをしっかりする事です。家を買おうとする時に様々なメーカーを見学しに行くと思います。まずそこで気をつけなければならないのは、営業の人柄です。ほとんどのメーカーでは、最初に接客した営業が引き渡しまでの担…

MORE

PICK UP

NEWS

TOP